新田が初の競輪王、北津留準V/G1競輪祭

2017年11月26日 カテゴリー:

 小倉競輪で23日から熱戦を展開したG1第59回競輪祭は最終日の26日、12Rで決勝戦を行い、新田祐大が圧巻のスピードでまくり切り、大会初Vを飾った。G1は6度目のV(うち単発1)。2着は地元の北津留翼で、3着は前回覇者の平原康多。北津留はG1初の表彰台。新田の優勝により、グランプリの最後のいすは桑原大志が手にした。

バックナンバー

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]