地元の名川が好スタート/ミッドナイトF2

2018年1月 1日 カテゴリー:
初日予選2Rで繰り上がり1着となった名川豊(福岡)

 2日(2日目)
 小倉ミッドナイト競輪「チャリロト杯」(A級1、2班戦)が1日に開幕した。初日予選2Rは、大山誉史マークで3番手の安藤孝正が直線鋭く抜け出したが、最終2角すぎの内側追い抜きで失格。HSからイン突き先行で粘っていた地元・名川豊が1着に繰り上がった。意外な形での白星となったが「うれしいですね。昨年は2、3着が多かったけど、今年はしっかりと勝てるように頑張ります」と、笑顔を見せていた。最終メインの7R特選は、野口大誠が2角5番手で制した。2日目は準決3番を中心に展開。5Rは小野裕次の自力パワー、6Rは岩本純の番手抜け出し、7Rは野口が連勝ゴールを目指す。

バックナンバー

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]