栗田が豪快先行で快勝/ミッドナイトF2

2018年2月 2日 カテゴリー:
力強い先行勝負で逃げ切った栗田万生(石川)

 2日(2日目)
 小倉ミッドナイト競輪「DMM競輪杯」(A3・チャレンジ戦)が1日に開幕。V争いの中心となる111期たちは、白浜一平を除く6人が予選クリアに成功した。特に目立ったのが5Rを制した栗田万生。飛び付き狙いの桜川雅彦を赤板2角で叩くと、踏み出しで切れた大矢勝也の追い上げを待ってから再加速。「筋トレをきつめにやってきた影響なのか、脚がいっぱいになった」と言うが、最終的に番手を奪った桜川を寄せ付けなかった逃走劇は、結果以上の強さだった。ラストの7Rは鶴良生が打鐘先行で堂々と押し切った。2日目は準決3番をメインに展開。5Rは栗田、6Rは高橋大輝、7Rは鶴を本命に推す。

バックナンバー

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]