松中が今期2度目の優出に成功/ミッドナイトF2

2018年2月 3日 カテゴリー:
必死の追走で2着をキープした松中宏樹(熊本)

 3日(最終日)
 小倉ミッドナイト競輪「DMM競輪杯」(A3・チャレンジ戦)は2日目、準決3番をメインに展開。5Rは前受けした奥村諭志が、カマシを狙った平川雅晃を突っ張ってそのまま逃げ切り。続く6Rは、高橋大輝がHS5番手捲りで吉川希望の先行策を粉砕。ラストの7Rは、鶴良生が鐘3半からの強力スパートで横内裕人をひと飲み。番手できっちりと追走した松中宏樹が2着に流れ込んだ。
 松中は今期の成績次第で「引退」を余儀なくされる厳しい立場。それだけに「絶対、このチャンスをつかまないといけない」と奮起。今期3場所目で2度目の優出に成功した。
 最終日のハイライト7R決勝は、連勝で勝ち上がった鶴が本命。「感じは悪くないし、自力で前々に攻める」と強気な走りで完全Vを決める。

バックナンバー

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]