三登が2連続完全Vを達成/ミッドナイトF2

2018年2月19日 カテゴリー:
捲り3連発で完全Vを決めた三登誉哲(広島)

 18日(決勝戦)
 小倉ミッドナイト競輪(A級1、2班戦)は18日の最終日、ハイライトの7Rで決勝戦が行われ、三登誉哲が6番手捲りで1着ゴール。2場所連続で完全Vを決めた。
 前受けをした三登は、渡辺大剛に抑えられて後方に下げたが、打鐘からスパートした下沖功児と渡辺が半周近く踏み合う展開に。主導権争いは2角で出切った下沖に軍配も、1半6番手から三登が満を持して捲ってV。2着は好マークの細川貴史、捲られながらも逃げ粘った下沖が3着だった。
 三登は、来月15日からの高松競輪でS級特昇に挑戦する。
【次回ミッドナイト開催】
 3月9~11日(チャレンジ&ガールズ戦)

バックナンバー

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]