地元・中井が復活の白星/ミッドナイトF2

2018年3月15日 カテゴリー:
半年ぶりの1着ゴールを決めた中井大介(福岡)

 16日(2日目)
 小倉ミッドナイト競輪のF2「チャリロト杯」(A級1、2班戦)が15日に開幕。
 予選3Rに登場した中井大介は、目標の矢田晋と同様に長欠明け2場所目での地元参戦。絶好調とは言えない中での出走だったが、矢田の突っ張り先行からしっかりと抜け出して、昨年9月以来となる白星を手に入れた。
 「昨年末から流れが悪かったけど、練習はコツコツと頑張ってきた。この1着で流れが変わってほしいね」
 今月30日で48歳になるが、普段は年が二回り以上も違う林大悟・慶次郎兄弟と猛練習し、若さをキープする。「やっと腰の状態が上向いて、乗車の仕方も良くなってきたよ」。準決はV候補筆頭の利根正明マークから、1年ぶりの地元優出を目指す。
 最終レースの特選7Rは、利根の番手に飛び付いた山田哲也が制した。

バックナンバー

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]