番手にはまった瀬戸が完全V/ミッドナイトF2

2018年4月 1日 カテゴリー:
番手抜け出しで優勝した瀬戸晋作(長崎)

 31日(決勝戦)
 小倉ミッドナイト競輪のF2「オッズパーク杯」(A級1、2班戦)は31日の最終日7Rで決勝戦があり、番手にはまった6番車の瀬戸晋作が予選スタートから完全Vを達成した。
 レースは、赤板から先頭に立った瀬戸がそのまま先行態勢に持ち込むも、宗崎世連が鐘3半5番手から強引スパート。瀬戸から最終主導権を奪ってみせたが、番手の吉永和生は追い切れず「裸逃げ」の状態に。
 終1半で宗崎を追う形となった瀬戸は、3車身の車間を空けたまま脚をためると、終2半から鋭く前に踏み込んで直線一気に突き抜けた。逃げ粘った宗崎が2着。瀬戸マークの松尾大樹が3着だった。
【次回ミッドナイト開催】
4月15~17日(A級1、2班戦)

バックナンバー

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]