熊本勢奮闘、3人が準決へ/ミッドナイトF2

2018年4月16日 カテゴリー:
準決入りを決めた熊本勢の3人(左から興呂木雄治、米丸俊成、瓜生崇智)

 16日(2日目)
 小倉競輪のミッドナイトF2「ケイドリームス杯争奪戦」が15日、開幕した。熊本地震からちょうど2年に当たる開催に、熊本勢が大奮闘。2Rで興呂木表示雄治と米丸俊成がワンツーを決めれば、4Rでは瓜生崇智が勝利を収めて予選突破に成功した。
 2Rの興呂木(写真左)は「内に詰まりかけてまずいかと思ったが、行ける所まで行こうと踏んで正解」。それを受けて米丸(写真中央)も「思い通りに行ってくれた」と以心伝心の好連係だったことを解説。米丸はさらに「地震の日にちと開催が重なっただけに、熊本勢は何をしているのかと言われないよう、今回は特に頑張らねばと緊張した。神様が見ていてくれたかもしれない」と見えない力に感謝した。そして瓜生(写真右)も「今、頑張らないといけない? その通りです」と強い気持ちを示した。
 メインの7R初日特選は「九州が大好き」という長井妙樹が白星。さらにテンションを上げて準決勝へと臨む。

バックナンバー

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]