平尾一晃が今年5度目V/ミッドナイトF2

2018年5月 9日 カテゴリー:
連日、快スピードを披露してVを挙げた平尾一晃

 8日(決勝戦)
 小倉競輪のミッドナイトF2「オッズパーク杯」は最終日の8日、最終7Rで決勝戦を争い、単騎で戦った平尾一晃が1着。今年5度目、通算8度目の優勝を挙げた。
 レースは照屋将貴―屋宜浩二の沖縄コンビが前受け。3車の久保田泰弘―藤原亮太―橋本勝弘の中四国ラインが打鐘から叩きに出たが、照屋に突っ張られて結局は叩き切るまでには至らなかった。両ラインの攻防を後方から見ていた平尾は、満を持して2角からスパート。最後方まで下げていた同じく単騎の高橋明久を従えて、快スピードで前団を一気に抜き去った。追走の高橋が2着。久保田が最後までしぶとく前に踏んで3着に入った。
<次回ミッドナイト開催>
5月19~21日(A級1、2班戦)

バックナンバー

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]