畝木が先行勝負で快勝/ミッドナイトF2

2018年5月19日 カテゴリー:
予選突破に笑顔を見せる畝木努(岡山)

 20日(2日目)
 小倉ミッドナイト競輪「オッズパーク杯」(A級1、2班戦)が19日に開幕。予選2Rに登場した畝木努(岡山)は、赤板5番手から上昇を開始すると、そのままペースを上げて主導権。堂々たる先行勝負で同県のベテラン高嶋一朗と見事にワンツーを決めた。

 「池部(壮太)さんの動きが遅かったから、そのまま駆けました。途中で脚がいっぱいになったけど、何とか最後まで粘り込めましたね」。鎖骨骨折の影響で来期は1班から2班に下がるが、「岡山の同世代には負けたくない」と強い口調で反撃を決意。準決も力強い自力作戦を仕掛けて、5場所ぶりの優出をつかみ取る。

 最終メインの7R特選は、大谷靖茂を出させず強引に逃げた和田禎嗣の番手から、河野要が余裕を持って抜け出した。

 2日目は準決3個レースに注目。5Rは和田の総合力が最上位。6Rは吉田昌司のヤングパワーが中心。7Rは大谷が奮起の自力攻撃を展開する。

バックナンバー

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]