絶好調の瀬戸が完全Vに王手/ミッドナイトF2

2018年7月29日 カテゴリー:
2日目準決7Rを圧勝した瀬戸栄作

 30日(最終日)
 小倉ミッドナイト競輪のF2「チャリロト杯」は2日目、準決3番をメインに展開した。捲りの打ち合いになった5Rは、中団でじっくりためた屋良朝春がBS3番手から捲って快勝。
 6Rは山口智弘の強引逃走に乗った市田佳寿浩が、別線の捲りをけん制しながら直線抜け出し。
 7Rは瀬戸栄作の強さが光った。打鐘から猛然と先行する丹波孝佑を1角5番手から11秒2で捲って圧勝。「HSから行けたけど、後ろの八尋(英輔)さんがマークしやすいように、一呼吸置いて仕掛けた。調子は問題ないですね」と余裕たっぷりだった。
 最終日のハイライト7R決勝は、仕上がり抜群の瀬戸が断トツの存在で大本命。完全Vは時間の問題とみる。

バックナンバー

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]