前期S2の栗田が降級後初V/ミッドナイトF2

2018年7月31日 カテゴリー:
A級陥落後、3場所目でVをつかんだ栗田貴徳(愛媛)

 30日(決勝戦)
 小倉ミッドナイト競輪のF2「チャリロト杯」は、最終日の7Rに決勝戦が行われ、栗田貴徳(愛媛)が直線抜け出しで優勝した。
 レースは田中勝仁がマイペースで先行し、瀬戸栄作-八尋英輔の九州ラインは6、7番手。すんなりと3番手をキープした屋良朝春がBSから力強く捲ると、追った栗田-市田佳寿浩がゴール前で差し脚を発揮して1、2着。屋良が3着に粘って、結果的には単騎の3車でワンツースリーとなった。初日、準決と力の違いを見せていた瀬戸は6番手捲り不発で4着だった。
 【次回ミッドナイト開催】
8月9~11日(A級1、2班戦)

バックナンバー

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]