準決7Rは地元の林が快勝/ミッドナイトF2

2018年9月 2日 カテゴリー:
準決7Rで逃げ切った林慶次郎(福岡)

 2日(最終日)
 小倉ミッドナイト競輪のF2「富士通フロンテック杯」は2日目、準決3番をメインに展開した。

 最初の5Rは竹元太志が3番手捲り不発で、結果的に杉山悠也を追う形になった高比良豪が直線強襲。人気の篠原龍馬は、鐘3半で竹元から内をすくわれて7着大敗。高比良マークの仲山桂が3着。

 続く6Rは、菊池竣太朗の打鐘先行に乗った近藤夏樹がきっちりと連勝ゴール。村上卓茂は、近藤後位に飛び付こうとした山崎翼に斜行されて落車。アクシデントを避けて5番手から捲り追い込んだ広田樹里が3着。

 ラストの7Rは、赤板からじわじわと先行ペースを築いた林慶次郎が、格上・加倉正義を振り切る圧巻の逃走劇。2連続完全Vへ王手をかけた。3着には、4番手から捲り追い込んだ水谷将司が入った。


 ハイライトの最終日7R決勝は、近藤を本命視。目標にする菊池が先手を取ればもちろんだが、たとえ仕掛けミスをしたとしても、初日に見せた豪快な捲り脚があればリカバリー可能とみる。
 注目は福岡トリオの動き。林が前受けから強引に突っ張って出るようなら、高比良の番手捲りも十分で、3番手を選択した加倉までV圏内。さらには、脚を使っていない水谷将司の単騎一発も怖い存在となる。

バックナンバー

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]