中嶋の3連勝に期待、ガールズは大久保信頼/ミッドナイトF2

2018年12月23日 カテゴリー:
7人全員が自力の決勝を中嶋宣成が力でねじ伏せる

 小倉競輪のF2ミッドナイト「富士通フロンテック杯」(7R制・熊本市主催)は22日、決勝進出を懸けた2日目の攻防。チャレンジ戦の準決5Rは内山雅貴が中団から捲り一撃で快勝。6Rは逃げる山崎駿哉を佐々木堅次が豪快に捲って1着。7Rは最終1角で中嶋宣成が5番手から一気にスパートして2連勝。

 1、2Rはガールズ予選2。1Rは、野本怜菜の逃げを中村由香里が捲り切って1着。続く2Rでは、HSから駆けた大久保花梨がピタリと追走した梅田夕貴を振り切って勝利を飾った。

 最終日の6R、ガールズ決勝は大久保を信頼。7Rチャレンジ決勝は中嶋(写真)が3連勝で完全Vとみる。

【6R・ガ決勝コメント】
 (1)大久保花梨 久しぶりの1着。状態はいい。優勝を狙って自力。
 (2)野本怜菜 準決は流しすぎたところを行かれた。決勝は油断しないように。自力。
 (3)中野 咲 踏み出しが遅れ気味。自在に。
 (4)梅田夕貴 小倉の決勝は初めて。準決はいいところまで迫れたので感じはいい。自力自在。
 (5)山本知佳 2走目は気持ちが弱かった。取れた位置から。
 (6)中村由香里 初日は脚が止まったので準決は思い切って行った。自力。
 (7)佐々木恵理 この着で決勝に乗れるのは運がいい。取れた位置から。

【7R・チ決勝コメント】
 (1)中嶋宣成 スピードは出ているが最後まで踏めていない。セッティングを少し修正する。自力。
 (2)久樹克門 準決は逃げて脚がいっぱいになった。決勝は初優勝狙って走る。自力で。
 (3)佐々木堅次 2日目はいい感じで捲れた。自力でやる。
 (4)佐山寛明 ライン3車だったのに勝負にこだわりすぎて先行できなかった。後ろの2人に申し訳ない。自力で戦う。
 (5)山崎駿哉 今場所は力を出し切るレースをしているが準決は少し掛かりが悪かった。自分でやる。
 (6)吉成貴博 113期生が強い。自分が誰かの後ろに付いても(前を回る選手の)プレッシャーになる。単騎で。
 (7)内山雅貴 佐山さんが動いたら行こうと思った。脚の状態はいい。自力。

 <各レースの見どころ>

 (1R)那須が実力上位。決勝進出を逃した田仲が最終日に意地をみせる。
【3連単】5=2―467。

 (2R)柊元がペースで押し切る。相手は自在戦の多田が総力戦で挑む。
【3連単】7=4―135。

 (3R)秋永がラインの厚みを生かしてペースで駆ければ首位濃厚。番手藤野とワンツーに期待するが、「自分で何かする」の茨木は警戒。
【3連単】1―7―345が本線。

 (4R)宮城コンビの三浦―嶋貫が軸で直線勝負とみる。ガッツマーカー今村の強襲は怖い。
【3連単】3=7―125。今村が鋭く伸びて2―137―1357も。

 (5R)中武の機動力が抜けている。好機に仕掛けてマーク太田が食い下がり。自力自在の小野寺連下は一考。
【3連単】1―3―257。小野寺の一撃で1=2―3467押さえ。
 
 (6R)大久保の奮起を信頼。相手は野本、中村が有力。2日目はゴール前鋭く伸びて2着の梅田も好調。
【3連単】1―26―2365。穴は梅田から4―126―1236。

 (7R)決勝に乗った7人中、6人が113期。全員が自力と激戦が予想されるが、中嶋が行けるところからスパート。力でねじ伏せて3連勝を飾る。相手は連日思い切りのいいレースを見せた山崎に期待。
【3連単】1―5―347。

バックナンバー

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]