チャレンジ決勝は太田に期待 8Rは山原さくら/ミッドナイトF2

2018年12月30日 カテゴリー:
企画レースの最終8Rは機動力上位の山原さくらが軸

 小倉ミッドナイト競輪「メディアドーム開設20周年記念」(チャレンジ戦&企画レース)は30日、2日目の攻防。チャレンジ戦のメインは準決3番。準決5Rは逃げる田村裕也を5番手から菱沼元樹が捲って1着。6Rは藤井将が2角捲りで快勝。7Rは6番手になった太田将成が一気のスパートでワンツーを決めた。8Rの単発企画レース「ミッドナイトフィナーレ」(A級1・2班戦)は、中団を確保した森山智徳がゴール前伸びて接戦を制した。最終日の単発企画レースはガールズ戦が行われる。本命は山原さくら(写真)。取れた位置から強力な逃げ、捲りの自力攻勢で他を圧倒する。

【7R・チ決勝コメント】
 (1)藤井 将 先行したかったが、島村君に見られて行けなかった。自力。 
 (2)島村 匠 小倉は気合が入りますね。脚はいい。単騎でも自力。
 (3)菱沼元樹 内に詰まったし、バックを踏んで余計な脚を使った。自力で。
 (4)真鍋伸也 藤井君に。2人でレースの組み立てを考える。
 (5)白川裕也 太田君が良く掛かっていた。再度太田君に任せる。
 (6)栗田弘一 3番手から良く伸びた。菱沼君に。
 (7)太田将成 先行しようと思ったが、増成さんに上を行かれてできなかった。自力。

【8R・単発企画レース/ガ戦コメント】
 (1)山原さくら 調子は走ってみて。取れた位置から自力。
 (2)小林莉子 来年は立川GPなので何としても出たい。1着を取れるレース。自在。
 (3)梶田 舞 前回の決勝は情けないレースをした。今回は頑張る。自力。
 (4)細田愛未 今回は内容重視のレースを心掛けて走る。取れた位置から。
 (5)坂口風華 気持ちで負けないように強気で行く。自力自在。
 (6)増茂るるこ 仕上げてきた。走るからには1着を狙って。自力自在。
 (7)土屋珠里 今年は落車もなかったが、変化のない1年だった。来年は成績を伸ばせるように。自在。


<各レースの見どころ>

 (1R)連日持ち味の自力が出せてないが、ここは須永が機動力を発揮できそう。福島コンビでワンツー決める。
【3連単】1=7―345。


 (2R)関根が自力発揮で清水と直線勝負に持ち込む。山原の一発は警戒。
【3連単】7=1―235。山原から5―127―127押さえ。


 (3R)動きイマイチの栗田だが、実績で信頼。2日目に積極駆けを見せた山中が相手。
【3連単】7=1―245。


 (4R)初日は逃げ、2日目は番手飛び付きと連日積極的な動きの谷口に期待。明星がしっかりマーク。中井の一撃は注意。
【3連単】1=7―345。中井の捲り4=3―157は警戒。


 (5R)2日目は突っ張り先行で2着逃げ粘りの山口が再度「先行します」と力強いコメント。高田が食い下がる。増成の抵抗があれば単騎自力の坂田が浮上
【3連単】1―7―235。穴は6―1257―1257。


 (6R)「最終日はバックをもう一本増やします」の田村がペース駆けで本命。浅井が捲りで迫る。
【3連単】1=7―345。


 (7R)太田の底力に期待する。藤井も連日好調で7=1が本線。もつれると「脚は軽い」の島村からの一発魅力。
【3連単】7=1―235。2―137―1357穴目。


 (8R)山原のパワーが断然。好機から仕掛けて首位濃厚。相手は6連勝中の小林。
【3連単】1―2―345。

バックナンバー

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]