宮本隼輔が特昇に一直線だ/ミッドナイトF2

2019年1月15日 カテゴリー:
S級特昇に王手を懸けた宮本隼輔(山口)

 小倉競輪のF2ミッドナイト「オッズパーク杯」(9R制)は14日、決勝進出を懸けた2日目の攻防。


 チャレンジ準決3Rは尾崎悠生がペース先行で押し切り。4Rは真崎章徳に捲らせなかった前島恭平マークから、阿部利光が残し気味に伸ばした。


 1、2班戦の準決7Rは、屋良朝春が先行した谷本奨輝の番手から余裕の抜け出し。8Rは古川宗行が鐘3半叩き逃げで押し切り。9Rは宮本隼輔が鐘すぎ捲りで圧勝した。


 最終日のチャレンジ決勝8Rは、連勝で勝ち上がった尾崎に期待。1、2班戦の9R決勝は、宮本がS級特昇をつかみ取る。


【8R チャレンジ決勝コメント】
(1)尾崎悠生 東さんの動きに動じることなく、冷静に先行できた。初優勝できるように自力で頑張る。
(2)塩田大輔 (6番手になって)うまく走れなかったし、調子もどうなんですかね…。力不足です。自力。
(3)中田健二 (尾崎好位もハコ3)おかしい…。尾崎のやろう、強くなってるな(笑)。アマチュアの時、面倒を見ていたから一緒に優出できてうれしいよね。決勝も尾崎に。
(4)小林裕司 今期は2班の点数を取る気持ちでいるよ。セッティングが合ってないので調整する。塩田君。
(5)阿部利光 前島君の頑張りに尽きますね。本当に強かった。決勝も信頼。
(6)斉藤重明 3番手で脚をためられたし、余裕がありましたね。ここも埼玉勢の後ろへ。
(7)前島恭平 (ペース駆けで粘り込む)自分の得意パターンに持ち込めたし、100点満点のレースができた。自力で。



【9R 1、2班決勝コメント】
(1)上田 学 宮本君は、ハンパじゃない強さだよ…。3角からまた踏み直すし、桁が違う。決勝も付いて行けるように頑張りたい。
(2)屋良朝春 マーク戦だったから全く疲れてない。1着だったけど、谷本君を残せなかったのが…。ギアを換えて伸びはいい。単騎で。
(3)渡辺正光 何とかしのげて、久々に連絡みができた。シッティングして(座って)からの感触がいい。古川君に。
(4)小林史也 宮本君が強かった。簡単に行かれてしまったし、調子は良くないかも。自力で頑張る。
(5)春日勇人 古川君が強かった。踏み出しが本当にすごいので集中して追走した。決勝は、初日に連係した小林君の後ろへ。
(6)宮本隼輔 初日も感じは良かったし、出切ってからは後ろを確認しながら走った。ここまで来たし、S級特昇ができるように頑張りたい。自力で。
(7)古川宗行 A級に下がって初戦だったし、緊張した。連日、しっかりと力を出し切れているので調子は問題ない。自力で頑張る。


<各レースの見どころ>

 (1R)千原が相手なら、東は6番手からでも捲れるはず。ただ、元気よく「自力」とコメントした佐藤の中団先捲りには注意。
【3連単】1―27―2745。


 (2R)最終日こそ佐野がスカッと捲る。真崎は、同タイプの伊藤との攻防が鍵になる。簡単に出させてもらえたら押し切りも互角だろう。
【3連単】3=7―125。


 (3R)中村が連勝ゴールで締めくくる。怖いのはレース慣れしてきた山田。初日同様、強引に中村を突っ張れば柊元の台頭も。
【3連単】1―27―2367。


 (4R)自力一車の高瀬が先行主体に押し切る。波乱は、是永が前を取って逃がされた場合。その時は、船曳や石川の3番手捲りで高配当も。
【3連単】1―7―245。


 (5R)逃げイチの高倉がきっちりと押し切る。太田黒は競り負けても、3番手から伸び返せるとみて対抗視。塚本は追い上げ作戦か。
【3連単】7―13―1345。


 (6R)狙い目レース。ライン3車の谷本が強引に先手を取れば、辻と広島で直線勝負。
【3連単】6=2―345。


 (7R)初日にワンツーを決めた九州両者が再び。高田は、玉村を逃がしての3番手なら好勝負。
【3連単】2―4―157。高田ラインなら7=1―5。


 (8R)尾崎が初優勝に挑戦する。塩田は、前島の乱し方次第では一発Vを秘める。ただ、すんなり前島に中団を明け渡すようならノーチャンス。
【3連単】1=2―367。


 (9R)古川も確かに好調で強いが、宮本の勢いを止めるのは容易ではない。
【3連単】宮本は特昇を狙った捲り策になりそうで、スジ違いから。6―237―237。


バックナンバー

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]