セキュリティー市場1兆円に拡大 17年度、国内の情報関連

 情報セキュリティー関連の製品・サービスの国内市場規模が、2017年度は初めて約1兆円に拡大する見通しとなったことが20日、NPO法人「日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)」の調査で分かった。

 サイバー攻撃の被害が増え、東京五輪・パラリンピックを控えて政府や企業がセキュリティー対策を強化していることから、17年度は前年度比5%増の9795億円と予想した。3年前の14年度(8428億円)と比べると16%増となる。

 JNSAの担当者は「予想よりも伸びる可能性があり、1兆円を超してもおかしくない」と指摘した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]