J2熊本、池谷監督が辞任

19日の大分戦で指揮を執るJ2熊本の池谷監督
19日の大分戦で指揮を執るJ2熊本の池谷監督
写真を見る

 今季J2でクラブワーストの21位に終わったロアッソ熊本は20日、池谷友良監督(55)の辞任と飯田正吾強化本部長(50)の解任を発表した。いずれも後任は未定。

 池谷氏はクラブ設立時から監督や社長などとして支え、6月に社長から監督に復帰したが、19日の最終節で大分に敗れた後、成績低迷の責任を取る形で辞任を申し入れて了承された。

 池谷氏はクラブを通じて「皆様の期待に応える結果が出せず、監督を辞任し、クラブを去ることを決断いたしました。この13年間支えていただいた全ての皆様には感謝の気持ちでいっぱいです」などとコメントした。

 熊本はJ3降格圏の21位で終わったが、J3でJ2昇格条件を満たさないチームが2位以内に入ることが確定したため、J2残留が決定した。

=2017/11/21付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]