J1鳥栖「ベアスタ」名称年内終了 鳥栖市発表、年明けにも命名権公募

J1サガン鳥栖の本拠地、塗り替えイメージ図
J1サガン鳥栖の本拠地、塗り替えイメージ図
写真を見る

 J1サガン鳥栖の本拠地「ベストアメニティスタジアム(ベアスタ)」のネーミングライツ(命名権)契約が12月31日で終了する。佐賀県鳥栖市が27日、発表した。

 2008年からベアスタの名称で親しまれ、19年6月まで外装を塗り替え中だが、市によると福岡県久留米市の食品会社「ベストアメニティ」に契約更新を打診したところ「リニューアルで新しく生まれ変わる節目にバトンタッチしたい」と断られたという。

 14~18年の年間契約料(税別)は3000万円。年間1億円超の維持管理改修費の一部に充てていた。年明けにも新たな契約先を公募する。 (荒木達也)

=2018/11/28付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]