J1鳥栖、試合前ライブでBGM鳴らず…公式ラッパーがアカペラ激励

試合前、アカペラでチームを激励するラッパーのDOTAMAさん
試合前、アカペラでチームを激励するラッパーのDOTAMAさん
写真を見る

 ◆明治安田生命J1第4節 鳥栖-磐田(17日・駅前不動産スタジアム)

 サガン鳥栖の「チーフ・ラップ・オフィサー」に今季就任したラッパーのDOTAMAさんが試合前に“スペシャルライブ”を行い、BGMが鳴らないトラブルにも動じず、アカペラでリーグ戦開幕3連敗中のチームを激励した。

 サラリーマン風の格好で登場したDOTAMAさん。当初は音楽に乗せてラップを披露する予定だったが音が出なかった。すると「昨季は残留できた。でも成し遂げることはできなかった」と語り口調でマイクパフォーマンス。「外野を黙らせろ、逆境を乗り越えろ、勝利せよサガン鳥栖」と声を張り上げ、観衆の拍手を誘った。

 その後に音響担当とアイコンタクトを取ったが、音楽は流れないまま。すると今度は自らリズムを取って「残留争いから勝利、そして優勝、そんなサガン鳥栖、ついてきてくれサガンティーノ!」とアカペラ風に歌い、喝采に包まれた。

 結局最後までBGMは流れなかったが、緊急事態を乗り越えたDOTAMAさん。開幕から1点も取れない緊急事態のチームに、臨機応変に立ち回る“手本”を示した。

=2019/03/17付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]