侍でも出た甲斐キャノン、台湾の盗塁王がえじきに ベースカバーは広島・田中

9回2死一塁、王威晨の二盗を刺す甲斐
9回2死一塁、王威晨の二盗を刺す甲斐
写真を見る

 ◆ENEOS侍ジャパンシリーズ2018:壮行試合 日本-台湾(7日・ヤフオクドーム)

 侍ジャパンの甲斐が9回の守備から出場。期待された「甲斐キャノン」をさく裂させた。

 6点ビハインドで、山崎とのバッテリー。1死から台湾で今季44盗塁をマークした盗塁王・王威晨に中前打を許した。

 次打者の打席で王は走ってこなかったが、2死後、9番打者への初球でスタート。打者がファウルしたが、注目の場面にスタンドは一気に沸いた。2ボール1ストライクからの4球目、ストレートが低めに外れたところで王は再びスタート。低めを捕って間髪入れずに二塁送球し、余裕のタイミングでアウトにすると、地元福岡のスタンドはこの日一番の盛り上がりを見せた。

 甲斐はソフトバンクの捕手として出場した広島との日本シリーズで、6連続盗塁阻止のシリーズ記録を樹立。チームの2年連続日本一に大きく貢献し、育成出身選手として初めてMVPに輝いた。この6度のうち2度、刺された田中が、9回の盗塁阻止の場面では遊撃手として二塁ベースカバーに入り、王にタッチした。

=2018/11/07 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]