東筑選手が甲子園へ出発 「自分たちの野球で勝つ」

甲子園に向け、堀川沿いの飲食店街を歩きJR折尾駅へ向かう東筑の選手たち
甲子園に向け、堀川沿いの飲食店街を歩きJR折尾駅へ向かう東筑の選手たち
写真を見る

 23日開幕する第90回選抜高校野球大会に出場する東筑(北九州市八幡西区)の選手たちが19日、甲子園に向けて出発した。同校であった出発式で選手たちは、駆け付けた保護者や教職員らの激励を受け、甲子園での活躍を誓った。

 中島良博校長は出発式で「昨夏、甲子園に出場した経験を生かし、伸び伸びと野球をしてほしい。アルプススタンドや、学校から応援します」と選手たちを励ました。青野浩彦監督は「東筑らしい野球で勝利をつかみたい」と意気込みを語った。

 応援部がエールを送り、全員で校歌を斉唱。最後に、松山智乃助主将が「大観衆の前でプレーするのは緊張するが、自分たちの野球をすれば勝てる。みんなで勝利の校歌を歌いたい」と決意を述べた。この後、選手たちは堀川沿いの飲食店街を歩いて最寄りのJR折尾駅に移動し、地域住民らの見送りを受け、列車に乗り込んだ。

 選手たちは神戸市内に宿泊。大会初日の23日、開会式直後の第1試合で聖光学院(福島)と対戦する。

=2018/03/20付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]