コールド免れた日章学園が初センバツ 秋の粘りが春に開花

日章学園・平野
日章学園・平野
写真を見る

 第91回選抜高校野球大会(3月23日から12日間・甲子園)の出場校を決める選考委員会が25日、大阪市の毎日新聞大阪本社であり、宮崎・日章学園の初出場が決まった。

 昨秋の宮崎大会を制し、九州大会では初戦で優勝候補だった福岡・九州国際大付を撃破。勢いに乗るかと思われたが大分・明豊との準決勝では一時10点差をつけられるピンチに陥った。コールド負けしていれば選抜切符を逃す可能性が高かったが、その後粘って6点差として甲子園への道を切り開いた。

 日章学園は甲子園初出場だった2002年夏に初戦敗退。その後は14、18年夏の宮崎大会で決勝まで進みながら敗れるなど甲子園から遠ざかっていた。

=2019/01/25 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]