筑陽学園、エースは俺 「三本の矢」競争激化 初のセンバツ

選抜大会出場が決まり、喜びを爆発させる筑陽学園ナイン
選抜大会出場が決まり、喜びを爆発させる筑陽学園ナイン
写真を見る
筑陽学園の「三本の矢」(左から)菅井一輝、西雄大、西舘昂汰の3投手
筑陽学園の「三本の矢」(左から)菅井一輝、西雄大、西舘昂汰の3投手
写真を見る
写真を見る

 昨秋の明治神宮大会で4強入りした九州チャンピオンが、初めて春の甲子園に挑む。筑陽学園の江口祐司監督は、選抜大会出場決定の報が届くと、選手の歓喜の声を聞きながらも「王者のプライドを持って戦いたい」と表情を引き締めた。

 朗報とともに、大会本番へ向けた競争も激しさを増す。チーム躍進の原動力はエース西雄大(2年)、菅井一輝(同)、西舘昂汰(同)の3投手。交互に先発してチームを引っ張ってきたが、現時点で甲子園の背番号1は全くの白紙だ。

 「バッテリー中心の失点の少なさが持ち味。甲子園でも投手力を前面に押し出して戦わなくてはいけない」。江口監督が信頼を寄せる「三本の矢」だが、本当の争いはここから。投手だけではなく、選手全員を横一線で競わせるという。

 昨秋は背番号10だった西舘は毎日ブルペンで100球を投げ込み「もうバチバチです。隣で2人がいい球を投げると『負けられない』と思う」と火花を散らす。調子上昇中の菅井も「秋から11番なので1を狙わないと」と“下克上”を目指す。

 背番号1だった西は今冬に体重が8キロ増加。「他の2人の調子がいいけど、負けたくない」とエースの座の死守を誓う。チーム力に直結する3人の激しい争いに、江口監督は「そこが狙い。誰が1を着けるかは分からない」と頼もしげだ。

 二塁手の江原佑哉主将(2年)も「もっと競争の意識を持って、大会ぎりぎりまで勝負しなければ」と強調。巨人から広島へ移籍した大先輩の長野久義も新天地で定位置争いに臨む。後輩もチーム内の競争を力にして、春夏を通じた甲子園初勝利を目指す。 (前田泰子)

   ◇    ◇

OBに広島の長野

 ◆筑陽学園高校 1923年、九州家政女学校として創立した私立校。65年に現校名となり男女共学になる。普通科とデザイン科と中高一貫科。野球部は2003年夏に甲子園初出場。OBに長野久義(広島)、谷川昌希(阪神)ら。生徒数は1453人(女子603人)。サッカー部も強豪でOBに元日本代表の久保竜彦ら。福岡県太宰府市朱雀5の6の1。新田光之助校長。

=2019/01/26付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]