選抜高校野球、九州から5校 3月23日開幕

写真を見る

 第91回選抜高校野球大会(3月23日から12日間・甲子園球場)の出場32校を決める選考委員会が25日、大阪市内で行われ、九州地区からは21世紀枠で初出場を決めた熊本西を含めて5校が選出された。昨秋の九州大会で優勝した筑陽学園(福岡)は初の選抜切符を手にした。同準優勝の明豊(大分)は2009年以来10年ぶり3度目の出場となる。同4強の大分は初出場で、大分県勢は09年の明豊と大分上野丘以来10年ぶりのダブル出場。日章学園(宮崎)も初出場で、九州の4枠には昨秋の九州大会の上位4校が順当に選ばれた。

=2019/01/26付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]