「優勝旗を持って帰る」センバツ出場の筑陽学園高壮行会

甲子園での活躍を誓う野球部員たち
甲子園での活躍を誓う野球部員たち
写真を見る

 23日に開幕する第91回選抜高校野球大会に、九州代表として出場する筑陽学園(福岡)硬式野球部の選抜旗授与式と壮行会が16日、同校であった。部員たちは初めて挑む春の甲子園での活躍を誓った。

 在校生約1200人を前に、江原佑哉主将が「簡単には負けない自信がある。優勝旗を持って帰れるよう全力で頑張ります」と意気込みを語った。登壇した部員18人には、青や白など約2500羽の千羽鶴が贈られた。生徒会長で2年生の魚谷太一さんは「皆さんの勝利を願って、全校生徒と先生方で折りました」と期待を寄せた。

 江口祐司監督は「アルプススタンドからの応援が選手を後押しします。大きな声で応援して下さい」と話した。

=2019/03/17付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]