明豊、昨春8強の創成館を撃破 練習試合

創成館との練習試合で適時打を放つ明豊の藪田
創成館との練習試合で適時打を放つ明豊の藪田
写真を見る

 23日に開幕する第91回選抜高校野球大会(甲子園球場)に出場する明豊(大分)が16日、長崎県諫早市の創成館グラウンドで練習試合を行い、2連勝した。城北(熊本)を14-5の7回コールドで下し、昨春の選抜大会8強の創成館を8-3で破った。

 明豊が対戦する初戦は、150キロ超の速球を投げる左腕及川雅貴(3年)を擁する横浜(神奈川)。その大会ナンバーワン左腕を攻略しようと右打者が気を吐いた。主将の表悠斗(3年)は創成館戦で先頭打者本塁打を放ち、2年生ながら3番に起用された布施心海は城北戦で2ランを放った。5番藪田源(3年)も適時三塁打を放つなど、右打者のバットから快音が響いた。主将の表は「右打者が鍵になると思うので打てるように準備したい。相手が横浜に決まって『やってやろう』という雰囲気になっている」と話した。

=2019/03/17付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]