筑陽学園野球部が甲子園へ向け出発 JR博多駅

甲子園球場に新幹線で出発する筑陽学園高の選手ら
甲子園球場に新幹線で出発する筑陽学園高の選手ら
写真を見る

 23日開幕の第91回選抜高校野球大会に出場する筑陽学園(福岡)の選手たちが18日、兵庫県の甲子園球場に向けて出発した。

 JR博多駅のホームでは保護者らが選手たちを見送った。野球部卒業生の祖父で、練習期間中は毎日、グラウンドに通い選手をサポートしてきた古川忠さん(75)は「孫の後輩たちが甲子園に行けてうれしい。泥臭い野球で勝ってほしい」と話した。野球部の江原佑哉主将は「チームの持ち味である粘り強い野球で優勝したい」と意気込んだ。チームは神戸市の宿舎に滞在。初戦は26日の第1試合で、福知山成美(京都)と対戦する。

=2019/03/19付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]