大分 長尾と江川が夢舞台で投球

甲子園のマウンドで投球練習する大分・長尾
甲子園のマウンドで投球練習する大分・長尾
写真を見る

 第91回選抜高校野球大会の甲子園練習は最終日の20日、12校が登場し九州勢は初出場の筑陽学園(福岡)、大分、日章学園(宮崎)が憧れの聖地の土を踏んだ。大分は小学5年からの幼なじみバッテリーが甲子園で投球練習した。22日に甲子園で開会式リハーサルが行われ、23日に開幕する。

 小学5年からコンビを組む大分のエース長尾と江川のバッテリーが夢の舞台で投球練習した。マウンドの長尾の球を受けた江川は「甲子園でバッテリーを組みたいと話してきた。実現できて良かった」と喜んだ。長尾も「中3のときに一緒に甲子園を見て『一緒にここを目指さなければ』と思ってきた」と2人で聖地に立ったことを喜んだ。

=2019/03/21 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]