熊本西「本番楽しみ」 開会式リハ

開会式のリハーサルで入場行進する熊本西の選手たち
開会式のリハーサルで入場行進する熊本西の選手たち
写真を見る

 第91回選抜高校野球大会の開会式リハーサルが開幕前日の22日、甲子園球場(兵庫県西宮市)であり、県勢で初めて21世紀枠で選ばれた熊本西も全国の代表校とともに堂々と行進した。選手は、憧れの球場の雰囲気を確かめるように元気な声を響かせた。

 リハーサルは本番の流れに沿って行われ、昨年優勝の大阪桐蔭、準優勝の智弁和歌山に続き、南から北の順に入場。熊本西は代表校では5番目に入場した。

 エースの霜上幸太郎主将(3年)は「緊張は全くなかった。大観衆が入る本番も楽しみたい」。行進のかけ声を担当した水無瀬亮佑選手(同)は「(球場は)広いなと感じたが、自分のペースでやれた」と話した。

=2019/03/23付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]