J1浦和、8月にシャペコと対戦 ペトロビッチ監督「意義深い」

 記者会見で記念撮影する(左から)浦和のラファエルシルバ選手、日本サッカー協会の田嶋幸三会長、スルガ銀行の岡野光喜会長、浦和のペトロビッチ監督=18日午後、東京都文京区
記者会見で記念撮影する(左から)浦和のラファエルシルバ選手、日本サッカー協会の田嶋幸三会長、スルガ銀行の岡野光喜会長、浦和のペトロビッチ監督=18日午後、東京都文京区
写真を見る

 昨年11月に航空機事故で多くの選手らが犠牲になったブラジルのサッカークラブ、シャペコエンセとJ1浦和が対戦するスルガ銀行チャンピオンシップ(8月15日・埼玉スタジアム)の記者会見が18日、東京都内で行われ、浦和のペトロビッチ監督は「非常に意義深い試合に参加できることを名誉に思う」と話した。

 南米カップとYBCルヴァン・カップの王者による一戦。ブラジル・メディアがシャペコエンセの出場辞退を報じたこともあったが、Jリーグは予定を変更せず募金活動など支援を続けてきた。日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「立て直してこの試合に臨めるようになった」と近況を説明した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

[高校柔道動画] 5人抜きオール1本勝ち!

4人抜きからの5人抜きオール1本で大逆転![高校柔道大会 金鷲旗女子決勝]

西日本新聞のイチオシ [PR]