3人制バスケ、日本女子は敗退 フランスでW杯

 女子1次リーグのオーストラリア戦で攻め込む花田=ナント(共同)
女子1次リーグのオーストラリア戦で攻め込む花田=ナント(共同)
写真を見る

 【ナント(フランス)共同】2020年東京五輪の実施種目入りしたバスケットボール3人制の国別世界一を決めるワールドカップ(W杯)は19日、フランスのナントで行われ、女子のみが出場した日本は1次リーグC組で1勝3敗の4位に終わり、各組上位2チームによる準々決勝に進めなかった。

 矢野(トヨタ自動車)、花田(静岡ジムラッツ)、飯塚(カプリコーン)、立川の日本は1勝1敗で迎えた第3戦でオーストラリアに8―18で敗れ、最終戦もウクライナに9―15で屈した。

 C組は4戦全勝のオランダが1位、3勝1敗のウクライナが2位で8強入り。B組はスイスが1位、スペインが2位。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]