競泳、池江が欧州遠征で手応え 100mバタフライには反省も

 欧州遠征から帰国し、取材に応じる池江璃花子=20日、羽田空港
欧州遠征から帰国し、取材に応じる池江璃花子=20日、羽田空港
写真を見る

 競泳の世界選手権(7月・ブダペスト)で個人5種目に出場を予定する16歳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)が20日、欧州遠征から羽田空港に帰国し「途中、体調を崩し100メートルバタフライでは反省が残ったが、50メートルバタフライはメダルのチャンスがあると自覚できた」と手応えをのぞかせた。

 池江はモナコ、フランスを転戦。腹痛などに見舞われて十分な練習が積めず、力を入れる100メートルバタフライはスタミナ不足で後半に失速した。自己ベストから1秒以上遅れ「まずは持久力を戻すことをメインに練習したい」と話した。

 世界選手権までは国内で調整する。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]