フィギュア三原、今季初戦で優勝 四大陸選手権女王

 女子フリーで演技を終え、笑顔を見せる三原舞依=滋賀県立アイスアリーナ
女子フリーで演技を終え、笑顔を見せる三原舞依=滋賀県立アイスアリーナ
写真を見る

 フィギュアスケートの四大陸選手権女王の三原舞依(神戸ポートアイランドク)が13日、滋賀県立アイスアリーナで行われた「げんさんサマーカップ」に出場して合計200・52点を出し、今季初戦で優勝を果たした。フリーで132・08点をマークし、前日のショートプログラム(SP)に続いて1位となった。

 映画「ミッション」の音楽「ガブリエルのオーボエ」の曲調に合わせて情感豊かに滑り「今回のテーマは天使。少しでも思い浮かべてもらえるような演技ができた」とうなずいた。技術面で昨季に比べて演技後半のジャンプを一つ増やして五つ跳び、最後の3回転サルコーで転倒した。

ボートレース 直前チェック予想

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]