杉田の対戦相手に罰金、デ杯 反スポーツマンシップ行為

 国際テニス連盟は16日、ブラジルのギレルミ・クレザールが大阪で行われた男子の国別対抗戦、デビス杯ワールドグループ入れ替え戦の日本戦でスポーツマンシップに反する行為をしたとして、1500ドル(約16万5千円)の罰金を科したと発表した。

 杉田祐一(三菱電機)と対戦した15日のシングルスで、判定に不服を唱えるように、指でわざと両目を伸ばすしぐさをした。クレザールはブラジル連盟のフェイスブックで「人種差別などの意図はなかった」と釈明し、謝罪した。(AP=共同)

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]