ハーフマラソンで設楽悠が日本新 10年ぶり

 設楽悠太
設楽悠太
写真を見る

 陸上でリオデジャネイロ五輪男子1万メートル代表の設楽悠太(25)=ホンダ=が16日、チェコで行われたハーフマラソンに出場し、日本新記録となる1時間0分17秒をマークして8位となった。従来の記録は2007年10月14日に佐藤敦之(中国電力)が出した1時間0分25秒だった。

 設楽悠は東洋大時代、兄の啓太とともに箱根駅伝で主力として活躍。初マラソンに挑んだことしの東京マラソンは11位だった。

 ホンダ陸上部の公式ツイッターに設楽悠は「マラソンでも自己記録更新を目指して頑張ります」とのコメントを寄せた。(共同)

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]