高木美帆、金へ最終調整 12日、小平奈緒は大会初レース

 練習するスピードスケート女子の高木美帆=江陵(共同)
練習するスピードスケート女子の高木美帆=江陵(共同)
写真を見る

 【平昌共同】スピードスケート女子1500メートルは12日に高木美帆(日体大助手)と小平奈緒(相沢病院)、菊池彩花(富士急)が出場する。今季のワールドカップ(W杯)前半戦の4レースを全勝し、金メダルを狙う高木美は11日、レースと同じ夜の時間帯に氷上で30分ほど最終調整した。

 今大会最初のレースとなる小平も氷に乗り、ともに出だしから中盤までのタイムを計るなど、スピード感を確かめた。高木美は最終14組で世界記録保持者のヘザー・ベルフスマ(米国)と同組。菊池は13組、小平は2組に登場する。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]