ドーピング検査ボトル規格改定へ WADA理事会

 【モントリオール共同】世界反ドーピング機関(WADA)は17日、モントリオールで理事会を開き、2月の平昌冬季五輪のドーピング検査で用いられた検体用のボトルが密封後にも手で開封できた欠陥について、2020年東京五輪に向けて容器の規格を19年1月に改定する方針を決めた。

 14年ソチ冬季五輪でのロシアの国ぐるみによるドーピング問題では、検体ボトルをこじ開けての尿検体のすり替えが発覚。平昌五輪では新タイプが導入されたが、大会直前に不備が指摘された。

 9割以上のシェアを持つスイスの会社は来春までは製造するが、その先は未定。WADAは他のメーカーに開発を促している。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]