反則問題、文科相「看過できず」 アメフット

 17日、東京都内のグラウンドで練習する日大のアメフット部員
17日、東京都内のグラウンドで練習する日大のアメフット部員
写真を見る

 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦で、日大選手の悪質な反則行為で関学大選手が負傷した問題を巡り、林芳正文部科学相は18日「看過できない非常に危険な行為」と指摘し、関東学生連盟の規律委員会が行う調査報告を踏まえ「事態の全容解明と再発防止に向け、必要な対応をしたい」との姿勢を示した。閣議後の記者会見で述べた。

 6日の試合では、日大の守備選手が、無防備の関学大クオーターバックの背後から激しくタックルして腰などを負傷させた。鈴木俊一五輪相もフェアプレーの観点から「大変問題」とし「二度と起こらないように、きちっと対処することが望ましい」と述べた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]