田中希実、3000mで大会新 アジア・ジュニア陸上

 陸上のアジア・ジュニア選手権最終日は10日、岐阜長良川競技場で行われ、日本勢は女子3000メートルの田中希実(ND28AC)が9分4秒36で優勝し、女子1600メートルリレーは日本が3分38秒20で制した。ともに大会記録を更新した。

 女子の400メートル障害は吉田佳純(駿河台大)が58秒43で、七種競技は大玉華鈴(日体大)が5133点でそれぞれ金メダルを獲得した。男子は走り高跳びの友利響平(環太平洋大)が2メートル16、400メートル障害の白尾悠祐(順大)が50秒52でともに優勝した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]