車いすバスケ、日本が初優勝 国際大会、豪に65―56で快勝

 フリースローを放つ豊島=武蔵野の森総合スポーツプラザ
フリースローを放つ豊島=武蔵野の森総合スポーツプラザ
写真を見る

 車いすバスケットボールの国際大会、ワールドチャレンジ・カップは10日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、決勝で日本は2014年世界選手権覇者で前回優勝のオーストラリアに65―56で快勝し、1次リーグから4戦全勝で初優勝した。

 日本は前半を28―30で折り返したものの、第3クオーターに逆転。第4クオーターの中盤から一気に突き放した。

 3位決定戦ではカナダがドイツを56―49で下した。大会は20年東京パラリンピックへ向けた競技普及や日本代表強化を目的に昨年創設され、19年まで3年連続での開催が決まっている。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]