テニス、上地は準決勝で敗れる ウィンブルドン車いすの部

 車いすの部女子シングルス準決勝で敗れた上地結衣=ウィンブルドン(共同)
車いすの部女子シングルス準決勝で敗れた上地結衣=ウィンブルドン(共同)
写真を見る

 【ウィンブルドン共同】テニスのウィンブルドン選手権車いすの部は13日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス準決勝で第2シードの上地結衣はアニク・ファンクート(オランダ)に6―1、4―6、6―7で敗れ、初の決勝進出はならなかった。上地は現行の四大大会で全豪、全仏、全米の各オープンを制しており、ウィンブルドンに全制覇が懸かっていた。

 上地はディーデ・デフロート(オランダ)と組んだ女子ダブルス1回戦は勝ち決勝に進んだ。

 男子ダブルス1回戦で国枝慎吾とグスタボ・フェルナンデスの組は第2シードの英国ペアに4―6、6―3、6―7で屈した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]