バド奥原、常山が4強入り タイ・オープン

 バドミントンのタイ・オープンは13日、バンコクで各種目の準々決勝が行われ、シングルスは女子の奥原希望(日本ユニシス)が大堀彩(トナミ運輸)を破って準決勝に進んだ。山口茜(再春館製薬所)は米国選手に敗れた。男子は常山幹太(トナミ運輸)がタイ選手に勝った。

 ダブルスの女子は高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)と米元小春、田中志穂組(北都銀行)が勝った。男子は園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)ら3ペアが4強を占めた。(共同)

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]