「すてき」で「かわいい」シャンティさん/アジア大会記者コラム

大会組織委事務局でスタッフを務めるシャンティさん
大会組織委事務局でスタッフを務めるシャンティさん
写真を見る

 メインプレスセンター内にある大会組織委員会の事務局に、シャンティさんという日本語を話せるインドネシア人の女性スタッフがいる。シャトルバスの運行ルートについて質問すると、流ちょうな日本語で説明してくれた。

 大学時代は日本語を専門に学んだというシャンティさん。「国立大学に通ってたのよ。ウフフ…」。日本への留学経験もあり、東京だけでなく京都や奈良、金沢にも行ったことがあるそうだ。

 子どものころに着物を見る機会があり、日本文化に興味を持った。「『かわいい』、いや『すてき』だなと思ったんです」。言葉の微妙なニュアンスの違いを意識しながら話をしてくれる。「ここには毎日来ています。また会いましょう」

 多くの日本メディアが訪れている今大会。彼女の活躍の場は多そうだ。(伊藤瀬里加)

=2018/08/25 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]