レスリング伊調選手、復帰戦優勝 パワハラ問題経て2年ぶり

 レスリングの全日本女子オープン選手権57キロ級で、復帰戦となる1回戦に勝利した伊調馨選手(右)=14日、静岡県三島市
レスリングの全日本女子オープン選手権57キロ級で、復帰戦となる1回戦に勝利した伊調馨選手(右)=14日、静岡県三島市
写真を見る

 五輪の女子個人種目で史上初の4連覇を成し遂げたレスリングの伊調馨選手(34)=ALSOK=が14日、静岡県三島市で行われた全日本女子オープン選手権57キロ級で3試合を勝ち、2016年リオデジャネイロ五輪以来約2年ぶりの復帰戦を優勝で飾った。日本協会の強化本部長だった栄和人氏から受けたパワハラの問題を経て上々の結果を出したが、2年後の東京五輪挑戦については明言を避けた。

 伊調選手は「年齢も年齢なので簡単に言えない。5連覇したいという気持ちを心の底からつくらないといけない」と話し、まずは気持ちと体を完全に戻すことを最優先するという。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]