世界レスリング、太田2回戦敗退 下山田は4回戦で敗れる

 男子グレコローマン60キロ級2回戦 カザフスタン選手(右)と対戦する太田忍=ブダペスト(共同)
男子グレコローマン60キロ級2回戦 カザフスタン選手(右)と対戦する太田忍=ブダペスト(共同)
写真を見る

 【ブダペスト共同】レスリングの世界選手権第7日は26日、ブダペストで男子グレコローマンスタイルが行われ、60キロ級で8月のアジア大会を制した2016年リオデジャネイロ五輪59キロ級銀メダルの太田忍は2回戦でカザフスタン選手に5―7で屈した。この選手が決勝に進めなかったため、27日の敗者復活戦に回れず敗退が決定。

 67キロ級の下山田培は初戦の2回戦から2戦連続のテクニカルフォール勝ちで進んだ4回戦で、ポーランド選手にフォール負け。87キロ級で初戦の2回戦で敗れた角雅人とともに敗者復活戦に回れなかった。日本勢3人全員は敗退し、姿を消した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]