柔道、男子はウルフと向が優勝 GS大阪大会最終日

 男子100キロ級決勝 カナダ選手(下)を破り優勝したウルフ・アロン=丸善インテックアリーナ大阪
男子100キロ級決勝 カナダ選手(下)を破り優勝したウルフ・アロン=丸善インテックアリーナ大阪
写真を見る
 男子90キロ級決勝 オランダ選手(左)を破り優勝した向翔一郎=丸善インテックアリーナ大阪
男子90キロ級決勝 オランダ選手(左)を破り優勝した向翔一郎=丸善インテックアリーナ大阪
写真を見る

 柔道のグランドスラム大阪大会最終日は25日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で男女計5階級が行われ、男子100キロ級は昨年世界王者のウルフ・アロン(了徳寺学園職)が優勝した。

 同90キロ級は向翔一郎(ALSOK)が制し、リオデジャネイロ五輪王者ベイカー茉秋(日本中央競馬会)は3回戦敗退。

 女子78キロ級は今夏のジャカルタ・アジア大会を制した佐藤瑠香(コマツ)が決勝で梅木真美(ALSOK)に一本勝ち。世界女王の浜田尚里(自衛隊)は3位だった。

 男女とも最重量級で日本勢は優勝を逃した。女子78キロ超級は18歳の素根輝(福岡・南筑高)が2位。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]