競泳池江、米国高地合宿から帰国 「きつかった分、自信ついた」

 笑顔で取材に応じる池江璃花子=24日、成田空港
笑顔で取材に応じる池江璃花子=24日、成田空港
写真を見る

 競泳女子のエース、池江璃花子(ルネサンス)が24日、米アリゾナ州フラッグスタッフでの約3週間の高地合宿を終えて成田空港に帰国し「きつかった分、自信がついた。質の高い練習ができた」と、テーマとした体力強化への手応えを口にした。

 ジャカルタ・アジア大会の6冠など、華々しい活躍を見せた2018年を振り返り「内容の濃いレースがあったし、結果も記録も両方ついてきた」と納得の表情。19年は世界選手権(7月・光州=韓国)の100メートルバタフライでのメダル獲得を目標に掲げ「20年(の東京五輪)につなげたい。いい色のメダルを取りたい」と語った。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]