セーリングGP、15日に開幕 日本チーム、優勝へ自信

 模擬レース後、取材に応じる日本チームの笠谷勇希=14日、シドニー(共同)
模擬レース後、取材に応じる日本チームの笠谷勇希=14日、シドニー(共同)
写真を見る

 【シドニー共同】セーリングのGPシリーズが15日、シドニーで開幕する。今年から始まり、日本など6カ国が国別対抗で争う。14日は記者会見と模擬レースが行われ、日本チームのかじを握るネーサン・アウタリッジ(オーストラリア)は「私たちは経験豊富なチーム。日本選手ともいいコミュニケーションがとれている」と優勝へ自信を見せた。

 最高時速100キロに迫る双胴船が、海岸近くのコースを疾走する。日本は3度の模擬レースで安定して上位に入った。2017年のアメリカズカップにも参加した笠谷勇希は「日本の方にとって、よりセーリングが身近になるきっかけにしたい」と活躍を誓った。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]