走り高跳び、戸辺直人が優勝 60mで川上拓也が室内日本新

 男子走り高跳びで優勝した戸辺直人=バーミンガム(ロイター=共同)
男子走り高跳びで優勝した戸辺直人=バーミンガム(ロイター=共同)
写真を見る

 【バーミンガム(英国)共同】陸上の室内競技会が16日、英バーミンガムで行われ、男子走り高跳びで日本記録保持者の戸辺直人(26)=つくばツインピークス=が2メートル29を跳んで優勝した。

 男子60メートルでは川上拓也(23)=大阪ガス=が6秒54の室内日本新記録をマークして4位だった。従来の記録は1997年に朝原宣治がマークした6秒55で、22年ぶりの更新となった。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]